カテゴリー別アーカイブ: メキシコ

17 Sta Maria RS

#17 Sta.Maria 『セントマリア』

Sta.Mariaはメキシコで購入したミネラルウォーターです。

オクソで購入しました。

このSta.Mariaがメキシコで飲んだ唯一のピュリファイドウォーター以外の

つまり、天然のミネラルウォーターです。

他にもあると思いますが、私が飲んだ範囲ないとなりますのでご承知を。

ほんのりと甘みがあり、舌触りもなめらかで苦みもないミネラルウォーターでした。

硬度は38.5mg/lで軟水です。

なかなか美味しかったのですが、ミズラン評価は下の通り、

カナダ、アメリカのミネラルウォーターのクオリティには届きませんでしたね。

ミズラン評価 

アクアミネラーレ協会ホームページでも掲載しています☆

http://www.aquaminerale.jp/world/mineralwater/stamaria.html

KEITA

16 epura RS

#16 epura 『エピュラ』

epuraはメキシコで購入したミネラルウォーターです。

オクソで購入しました。

epuraペプシが販売しているミネラルウォーターです。

ペプシコカコーラほどではありませんが、ミネラルウォーターを多くの国で販売しています。

epuraピュリファイドウォーターで、無味無臭でした。

実は、ピュリファイドウォーターは日本で注目されています。

それは良くも悪くもないだからです。

味は良くないが確実に安全なピュリファイドウォーター

特にお子さんのいらっしゃるご家庭に注目されています。

※ピュリファイドウォーターとは?

①水源で採水→②ろ過→③殺菌→④ボトリング

まず、①の水源はどこでもOKです。(蛇口も水源と考えた場合)

そして、②がポイント!逆浸透膜といわれるフィルターでろ過します。

③は日本では法律で義務になっていますが、海外では国によりますが、

ヨーロッパでは殺菌はしてはいけないことになっています。

④はボトルに注水します。

このフィルターは不純物はもちろんのこと、美味しさの元である

ミネラルもほとんど除去してしまいます。

つまり性能がめっちゃ良いフィルターを使っています。

だからどんな水を使ってもフィルターから味の無い水が出てきます。

ピュリファイドウォーターは一般的に製造コストが低いと言われています。

ミズラン評価 

KEITA

15 H2GO RS

#15 H2go 『エイチツーゴー』

H2goはメキシコで購入したミネラルウォーターです。

オクソで購入しました。

多分ですが、H2O(水分子)にかけたのでしょう、、、

8ペソ(約48円)と1ペソだけですが、高いのに味は何の特徴もありませんでした。

これもピュリファイドウォーターです。

※ピュリファイドウォーターとは?

①水源で採水→②ろ過→③殺菌→④ボトリング

まず、①の水源はどこでもOKです。(蛇口も水源と考えた場合)

そして、②がポイント!逆浸透膜といわれるフィルターでろ過します。

③は日本では法律で義務になっていますが、海外では国によりますが、

ヨーロッパでは殺菌はしてはいけないことになっています。

④はボトルに注水します。

このフィルターは不純物はもちろんのこと、美味しさの元である

ミネラルもほとんど除去してしまいます。

つまり性能がめっちゃ良いフィルターを使っています。

だからどんな水を使ってもフィルターから味の無い水が出てきます。

ピュリファイドウォーターは一般的に製造コストが低いと言われています。

ミズラン評価 

KEITA

14 Cia RSl

#14 Ciel 『シエル』

Cielはメキシコで購入したミネラルウォーターです。

オクソで購入しました。

オクソはなんでもあります。

日本のコンビニとあまり変わらないですよ☆

メキシコほどコンビニが普及している国は見かけませんでした。

そのくらいどこでもあります。

Cielコカコーラが販売しているミネラルウォーターです。

世界中のミネラルウォーターを飲んでいるとコカコーラが出しているものを

良く見かけます。

案の定、コカコーラ(いつもの黒い飲み物)の普及率は相当なものですね。

全世界で販売しているのではないでしょうか。

改めて、ビッグカンパニーだと感じさせられました。

しかし、これもピュリファイドウォーターです。

少し甘みも感じました。

※ピュリファイドウォーターとは?

①水源で採水→②ろ過→③殺菌→④ボトリング

まず、①の水源はどこでもOKです。(蛇口も水源と考えた場合)

そして、②がポイント!逆浸透膜といわれるフィルターでろ過します。

③は日本では法律で義務になっていますが、海外では国によりますが、

ヨーロッパでは殺菌はしてはいけないことになっています。

④はボトルに注水します。

このフィルターは不純物はもちろんのこと、美味しさの元である

ミネラルもほとんど除去してしまいます。

つまり性能がめっちゃ良いフィルターを使っています。

だからどんな水を使ってもフィルターから味の無い水が出てきます。

ピュリファイドウォーターは一般的に製造コストが低いと言われています。

ミズラン評価 

アクアミネラーレ協会ホームページでも掲載しています☆

http://www.aquaminerale.jp/world/mineralwater/ciel.html

KEITA

13 BOFONT RS

#13 BONAFONT 『ボナフォント』

BONAFONTはメキシコで購入したミネラルウォーターです。

メキシコには「○××○」というコンビニがどこでもあります。

何て読むと思います?

初めて見たときは、「まるばつ」と呼んでおりましたが、

メキシコ人に尋ねたところ「オクソ」というらしいです(笑)

大爆笑したの覚えてます。

メキシコで飲んだミネラルウォーターはこのオクソで購入したものです。

価格も安く、500mlペットボトル1本のアメリカの平均単価が80円(当時)に比べ、

メキシコは45円ほどです。

このBONAFONTは7ペソ(約42円)でした。

メキシコのミネラルウォーターには大きな共通点が、

5種類のうち、4種類がピュリファイドウォーターです。

ピュリファイドウォーターについては復習となりますね。

下にピュリファイドウォーターについて書かせて頂きます。

 

※ピュリファイドウォーターとは?

①水源で採水→②ろ過→③殺菌→④ボトリング

まず、①の水源はどこでもOKです。(蛇口も水源と考えた場合)

そして、②がポイント!逆浸透膜といわれるフィルターでろ過します。

③は日本では法律で義務になっていますが、海外では国によりますが、

ヨーロッパでは殺菌はしてはいけないことになっています。

④はボトルに注水します。

このフィルターは不純物はもちろんのこと、美味しさの元である

ミネラルもほとんど除去してしまいます。

つまり性能がめっちゃ良いフィルターを使っています。

だからどんな水を使ってもフィルターから味の無い水が出てきます。

ピュリファイドウォーターは一般的に製造コストが低いと言われています。

ミズラン評価 

KEITA